営業マンと就活生は、ビニール傘ではなく折り畳み傘を持つべき理由

営業マンのバッグと折り畳み傘

自分(buka)は、社会人生活をスタートして営業一筋で仕事をしています。

先輩社員の営業スタイルを見て学んだことや、普段営業をしていて気づいたことの1つに「傘」があります。

営業マンの人で、よくビニール傘を持っている人がいますが自分はナンセンスだと思っています。

buka
営業マンに限らず就活生もビニール傘ではなく、折り畳み傘を持つべき。その理由をまとめていきます。

何故、営業マンと就活生がビニール傘を持つのはだめなのか

ビニール傘

個人的な意見ですが、営業マンと就活生はビニール傘を持つべきではないと思っています。

もちろん、プライベートの時は全然ありだと思うのですが、営業マンであれば顧客先への訪問・就活生であれば説明会や面接へ行く際に持つ傘はビニール傘はナンセンスであると。

理由は、ビジネスマンぽくないとか安っぽく見えるなど身だしなみの話ではありません。

最大の理由は、訪問先の企業の床を濡らしてしまう からです。

傘立て

全てのオフィスに上記画像のような傘立てが置いてあるのであれば、ビニール傘でもいいと思いますが企業の受付の入り口に傘立てを置いてないオフィスの方が割合としては多いです。

仮に傘立てがあったとしても、ビニール傘の印象は見栄え的によろしくはないのでいずれも辞めておいた方が良いと思います。

営業マン・就活生は、訪問先での身なりなどの印象も重要です。

そこで、雨の日にビニール傘を持って企業へ訪問して、ビショビショのビニール傘で訪問先の企業の打ち合わせルームやセミナールームへ歩くと、床を濡らしてしまえば担当者の印象はよろしくありません。

よく営業マンを見極める話で、初見の名刺交換の際に足元を見て「営業マンの革靴を見れば、営業マンのレベルがわかる」という話があります。

靴磨きをろくにせず、靴がくたびれていたりすれば営業マンとしてはアウト。気が使えない営業マンとして思われてしまいます。担当者によっては、見るべくして名刺交換の時に靴を見て判断しているーという話です。

ビニール傘で訪問して、訪問先の床を濡らしてしまうのはこの革靴の話と同等の意味でもあると思います。

折り畳み傘であれば、自信のカバンの中に入れてしまえば訪問先の床を濡らすことはありません。

営業マンと就活生が折り畳み傘を持つべき理由

ビジネスマンの折り畳み傘

先ほど書いた通り、営業マンと就活生がビニール傘ではなく、折り畳み傘を持つべき理由は訪問先の企業の床を濡らさないことが最大の理由です。営業マンは、このような些細な気遣いが顧客担当者へ与える影響を考えないといけません。

その他理由も含めると、下記のような理由があげられます。

  1. 訪問先の企業の床を濡らさない
  2. 常時していれば、急な天候(雨)に対応できる
  3. 急な天候(雨)に対応できるので、スーツなど濡らさなくて済む

訪問先の企業の床を濡らさず気遣いができるうえに、当たり前かもしれませんが折り畳み傘を出勤・就活用のバッグに常備していれば、急な天候(雨)に対応することができます。

急な天候(雨)の時に傘を持っていなくて、傘を購入すると思わぬ出費になりますし、訪問先の企業へ行く前に雨に髪やスーツが濡れてしまうと、印象も台無しにしてしまいます。

バッグの中が濡れないためには?おすすめの折り畳み傘を紹介

営業マン・就活生が折り畳み傘を持つデメリットをあげるとすると、バッグの中が雨水で濡れてしまうということがあげられます。

せっかく身なりに気を付けたり、訪問先の企業の床を濡らさないように気を付けていても、折り畳み傘を所持してバッグに入れて、バッグの中の提案書類などの顧客担当者に見せる重要な書類が濡れてしまっては本末転倒です。

そこで、おすすめなのが折り畳み傘カバーです。

カバー内側の繊維素材が水を吸収してくれるので、塗れたまま折り畳み傘を入れてバッグの中に入れても折り畳み傘カバーが水を吸収してくれるので、バッグの中を濡らさずに済みます。もちろん、洗濯も可能です。

Amazonなどで、1,000円くらいで購入可能です。

自分は、このケースに折り畳み傘を入れてバッグの中に365日常備しています。

ついでに、自分がいつも使用しているおすすめの折り畳み傘を紹介します。

Amazonで購入したadunluluの自動開閉折り畳み傘

Amazonで購入したadunluluの自動開閉折り畳み傘

adunlulu(アンドルル)の自動開閉折り畳み傘がおすすめです。

定価は10,000円くらいしますが、Amazon・楽天市場どちらも購入しても約2,000円前後で購入します。

adunlulu(アンドルル)の自動開閉折り畳み傘は、「頑丈」「ワンタッチ自動開閉が楽」「100cmと折り畳み傘でも大きい」が気にいっているポイントです。

adunluluの自動開閉折り畳み傘のワンタッチボタン

自動開閉折り畳み傘のワンタッチボタン

上記画像のように、手持ちの箇所に自動開閉のワンタッチボタンがあり、押すだけで自動で開閉してくれます。

他の折り畳傘のように親骨を1本ずつたたむ必要がないので、開く時だけでなく閉じる時も簡単です。 グラスファイバー製の傘骨が8本あるので、アルミニウム合金製の傘より優れた耐強風性にも優れています。

今までいろんな折り畳み傘を購入しましたが、adunlulu(アンドルル)の自動開閉折り畳み傘が一番長持ちしていますね。

購入時には簡易な箱がついてくるので、簡単なギフトにもおすすめです。

ということで、訪問先の企業の床を濡らさない 気遣いのために、営業マンと就活生はビニール傘ではなく折り畳み傘を持つことをおすすめします。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です