【運用実績7ヶ月】ウェルスナビ50万円+積立2万円の利回りをブログで公開

ウェルスナビ運用実績7ヶ月のタイトル画像

ロボアドバイザー ウェルスナビを初期投資50万円(途中入金20万円)+毎月積立2万円で資産運用をスタートして約7ヶ月が経過しました。

リスク許容度は、5段階中5の最大に設定中。

評判のロボアド ウェルスナビ投資を30万円積立2万円でやってみた

2017.10.30
buka
2018年に入って、下落していた株価が戻ってきたので、久しぶりにプラスの利回りとなった月でした。

それでは、各ポートフォリオの実績をみていきましょう。

ウェルスナビ50万円+積立2万円 利回り運用実績(リスク許容度5)

ウェルスナビのリスク許容度は5/5に設定していて、自分のポートフォリオ割合は下記の通りです。

ウェルスナビ リスク許容度5のポートフォリオ

ウェルスナビ リスク許容度5のポートフォリオ

【ウェルスナビのポートフォリオ(リスク許容度5)】

・米国株(VTI)バンガード・トータル・ストック・マーケットETF 割合 33.7%
→アップルやGoogleなどのアメリカの大・中・小型株全てへ投資をする上場投資信託

・日欧株(VEA) バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF 割合 33.8%
→アメリカを除いた、日本・イギリス・カナダなどの先進国市場の大・中・小型株へ投資をする上場投資信託

・新興国株(VWO)バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF 割合 14.5%
→中国・台湾・インドなどの新興国市場の大・中・小型株へ投資をする上場投資信託

・米国債券(AGG)iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF 割合 5%
→アメリカの債券市場全体の価格・利回りに連動する上場投資信託

・金(GLD)SPDR ゴールド・シェア 割合 8%
→金の価格に連動する上場投資信託

・不動産(IYR) iシェアーズ 米国不動産ETF 割合 5%
→アメリカの不動産市場全般に投資する上場投資信託

30万円で初期投資スタートし長期割のために追加で20万円入金し、50万円+積立毎月2万円で、7ヶ月経過の運用実績は下記の通り。

ウェルスナビ運用実績7ヶ月

ウェルスナビ運用実績7ヶ月5

  • 円建て 623,977円 +3,977円 +0.64%
  • ドル建て 5,624.42$ +53.83$ +0.97%

年初の下落した株価からNYダウも日経平均もだいぶ戻ってきたため、運用開始7ヶ月で+3,977円 +0.64%と久しぶりにプラスの利回り経過となっています!

【ウェルスナビ 50万円+2万円積立 運用実績推移】

  • 1ヶ月 301,314円 +1,314円 +0.44%
  • 2ヶ月 327,826円 +7,826円 +2.45%
  • 3ヶ月 356,332円 +16,332円 +4.80%
  • 4ヶ月 543,126円 -16,814円 -3.01%(途中入金20万円)
  • 5ヶ月 532,185円 -47,815円 -8.24%
  • 6ヶ月 584,007円 -15,993円 -2.67%
  • 7ヶ月 623,977円 +3,977円 +0.64%

実に4ヶ月ぶりにプラスの利回り経過に戻りました。

ウェルスナビのリスク許容度が5段階中5に設定しているため、ポートフォリオの内訳として株式の割合が約80%近く占めているので、基本株式市場による影響が大きいです。

それでは、ポートフォリオ別に運用実績をみていきましょう。

ポートフォリオ別の運用実績(利回り)と分配金など

それでは、ウェルスナビのポートフォリオ別の運用実績(利回り)と分配金の配当や積立買付などを公開していきます。

ポートフォリオ別の運用実績 7ヶ月(利回り)

ウェルスナビポートフォリオ別運用実績7ヶ月

ウェルスナビポートフォリオ別運用実績7ヶ月

  • 米国株式(VTI) 運用実績 218,556円 +6,207円 +2.85%
  • 日欧株式(VEA) 運用実績 206,985円 +1,079円 +0.05%
  • 新興国株式(VMO) 運用実績 85,653円 -2,578円 -3.00%
  • 米国債券(AGG) 運用実績 35,046円 -411円 -1.17%
  • 金(GLD) 運用実績 40,736円 -1,012円 -2.48%
  • 不動産(IYR) 運用実績 33,900円 -734円 -2.16%
  • (現金) 3,101円

※ 現金の端数は、現金として資産維持されます。

ポートフォリオ別に運用実績をみると、米国株式(VTI)と日欧株式(VEA)がプラスの利回りになりました。

しかし、金や不動産・債券などはプラスになったことを見たことないような・・・。

個人的に、ロボアドバイザーの最大のメリットは、金融知識が一切なくても全自動で高水準で資産運用してくれることだと思っています。

ロボアドバイザーを利用するメリットは、「金融知識0でも全自動で資産運用してくれる」

2018.05.13

ブログ実績公開用にロボアドバイザーウェルスナビを利用している面もありますが、普段証券口座の投信信託で購入しない金や不動産・債券などの動きをチェックできるのも個人的にはウェルスナビを利用しているメリットになっているかなと思っています。

リバランス(購入&売却)

今月は、ウェルスナビを始めてのリバランスが行われていました。

ウェルスナビ7ヶ月目でのリバランス

ウェルスナビ7ヶ月目でのリバランス

金(GLD)を13,699円分売却して、新興国株(VWO)を4,939円分・不動産(IYR)を8,071円分購入して、リバランスが行われていました。

金額としてはあまり大きな額(割合)ではないですね。このようにして、ロボアドバイザーは運用しながらポートフォリオの内訳が崩れないように合わせて、ポートフォリオ内訳をリバランスして自動で調整してくれます。

分配金の配当

続けて、ウェルスナビの分配金の配当です。

ウェルスナビAGG分配金配当7ヶ月

ウェルスナビAGG分配金配当7ヶ月

毎月分配金配当がある米国債券(AGG)も、5月7日に分配金が2分と5月8日に58円分の配金配当がありました。

いつもは月1回なのに、なぜかAGGの分配金配当が2回ありました。このあたりはよくわからないです・・・。

毎月2万円積立による買付

ウェルスナビ7ヶ月目の積立購入

ウェルスナビ7ヶ月目の積立購入

ウェルスナビは、残高が2万円(目安)以上あるとETF買付をするので、ウェルスナビでの毎月積立金額を2万円に設定しています。

今回、19,912円分 ETFの買付を行われていました。買付ETFは、米国株(VTI) 15,010円・日欧米株(VEA)4,902円の2銘柄です。

資産運用・投資を始めてみたいけど、なにから始めていいかわからないという方や市場状況の分析に時間がさけない方は、全自動化で資産運用をしてくれるロボアドバイザーのウェルスナビの資産運用はおすすめです。

↓当サイト限定タイアップキャンペーンとして、現金1,000円プレゼント!ウェルスナビ(沢村一樹さん)のキャンペーンページ画像

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です